VERICUTについて

  1. ホーム
  2. VERICUT製品概要
  3. VERICUTについて

VERICUTについて

1988年以降、CGTechの製品であるVERICUTソフトウェアは、エラー、潜在的な衝突、または非効率的な領域を検出するためにNC機械加工のシミュレーションを行うソフトウェアの業界標準です。

世界55カ国以上のあらゆる規模の企業、大学/専門学校、政府機関で使用されています。VERICUTを使用すると、NCプログラムを手動で検証するプロセスを削減または排除できます。加工部品の廃棄による損失と再加工(リワーク)を削減し、NCプログラムの最適化によりNCプログラムを最適化し、時間の節約と高品質な表面仕上げの両方を実現します。

VERICUTは、主要工作機械メーカーのNC工作機械を含む様々なタイプのNC工作機械をシミュレーションします。VERICUTはスタンドアロンで動作しますが、すべての主要なCAMシステムと統合することもできます。

VERICUTの最新バージョンを紹介する動画をご覧ください。または、以下の項目をご確認ください。

VERICUTのパンフレットをダウンロード
(PDF)

VERICUTの検証

VERICUTは、NCプログラムの材料除去プロセスをインタラクティブにシミュレーションする3Dソリッドベースのソフトウェアプログラムです。このプログラムは、多軸フライス/ドリル、多軸旋削、およびミルターン複合加工を示します。NCプログラムの精度と品質を検証できます。NC工作機械でプログラムを実行する前に、加工部品を廃棄したり、治具を損傷したり、切削工具を破損したりする可能性のある非効率的な動作またはプログラミングエラーを修正できます。

VERICUT ベリフィケーション
こちらへ
送り速度の最適化

VERICUTには、NCプログラム最適化機能があります(オプション)。最初にプログラムされた送り速度に基づいて、VERICUTは各切削に最適で安全な送り速度を自動的に決定します。サイクルタイムを大幅に短縮できます。最適化された送り速度は、切削工具の寿命を延ばし、切削工具の破損と加工部品の廃棄を減らし、切削工具のたわみを最小限に抑えて部品の品質を高め、一定の工具圧によって加工部品の表面とエッジの仕上げを改善します。

送り速度の最適化
こちらへ
NCマシンシミュレーション

VERICUTは、ワークピースレベルでの材料除去を表示しますが、工作機械全体が作業現場にあるようにシミュレーションすることもできます。マシンシミュレーションは、スライド軸、ヘッド、タレット、回転テーブル、スピンドル、ツールチェンジャー、治具、ワークピース、切削工具、その他のユーザー定義オブジェクトなど、すべての工作機械コンポーネント間の衝突とニアミスを検出します。ユーザーは、コンポーネントの周囲にニアミス領域を設定して、接近警告をチェックし、オーバートラベルエラーを検出できます。

NCマシンシミュレーション
こちらへ
VERICUTがサポートする高度な機械機能について
+
新しいNC制御の中には、NCプログラムを機械の物理軸構成から独立させる変換ルーチンを提供するものがあります。これらの機能では、「仮想」軸を移動するために、VERICUTでNCプログラムを読み取り、同じ変換を行う必要があります。これらの複雑な変換の一部は、シーメンス840DコントロールのTRANS、ROT、ATRANS、およびAROT、またはハイデンハインTNCコントロールのCYCLE DEF 19.1など、新しい2次座標系を確立します。

一部の変換では、シーメンス840DコントロールのTRAORI やハイデンハインTNCコントロールのM128 など、仮想「ワークピース」座標系でのプログラミングが可能です。その他の制御変換機能により、ワークオフセットは、FanucのG54.2などの回転軸位置に基づいて動的に軸位置を調整できます。
+
ある治具または加工ステーションから別の加工ステーションに(たとえば、旋盤のメインスピンドルとサブスピンドルの間など)ワークピースを自動的に移動する工作機械では、より複雑なシミュレーションが必要です。治具または他の自動ワーク保持装置でワークピースをクランプおよびクランプ解除します。VERICUTには、治具間の機械加工されたワークピースの自動移送をシミュレーションする機能もあります。旋盤作業では、ワークピースを2つの部品に分割できます。たとえば、部品を複合旋盤のサブスピンドルにクランプして切り落としたりする場合などです。
+
Indexミルターンマシニングセンタは、独自のプログラミング手法を使用して、「チャネル」と呼ばれるさまざまな軸グループを制御および同期します。Indexの複数のチャネルは、各チャネルのサブプログラムを呼び出すメインプログラムを使用してプログラムされます。VERICUTのシミュレーションでは、各サブシステム(チャネル)の軸は、別のサブプログラムによって駆動される別のサブシステムと同期するサブプログラムによって駆動されます。
+
フェーシングヘッドは、スピンドル軸に垂直でプログラム可能な直線軸を含むフライス盤ヘッドまたはスピンドルアタッチメントです。フェーシングヘッドは通常、ニイガタマシンテクノ、三菱重工工作機械、Ingersollなどの大型のマシニングセンターで使用されます。向かい合うヘッドに取り付けられているツールは、シングルポイントの旋削ツールまたはボーリングバーです。向かい合うヘッドの動きをシミュレーションするには、スピンドルに接続されているすべてのコンポーネントを回転させ、回転ツールで材料を取り除くVERICUTが必要です。
+
一部の新しいNC制御では、A、B、またはC軸角度の従来の直接プログラミングではなく、IJKベクトルを使用してワークピースに対する切削工具の向きを指定することにより、工作機械の回転軸をプログラミングできます。NC制御は、通常ポストプロセッサーで行われる作業を行っています。この動作のシミュレーションには、VERICUTの仮想マシン軸を駆動するための同等の計算が必要です。高度な機械機能により、VERICUTのIJK-to-ABC計算機能が有効になります。
+
旋盤のスピンドルに関して対称ではない特別な旋削操作は、いくつかの機械加工操作で使用されます。自動車のエンジンクランクシャフトのコネクティングロッドピンを回すときなど、これらの非対称の旋回操作は、VERICUTでシミュレーションできます。これは、ブローチ加工などの非回転工具を使用した非旋削材の除去もサポートします。
+
一部の工作機械は、従来の回転軸ではなく、リンク機構を使用して工具軸を方向付けます。これは一般に「パラレルリンク」と呼ばれます。VERICUTは特にDS TechnologiesのEcospeed®三脚ヘッドをシミュレーションします。その他のパラレルリンクは、ご要望に応じてご利用いただけます。
+
VERICUTは、機械部品が他の部品に接触するまで移動するように命令することをサポートしています。たとえば、この機能を使用して、ワークピースがバーストップに接触するまでワークピースが送り出されるバーワーク自動旋盤のフィードアクションをシミュレーションしたり、ローラーがワークピースに接触するまでローラーを前進させる振れ止めなどの自動ワークホールディングデバイスをシミュレーションしたりできます。