アディティブ - 積層造形(オプション機能)

  1. ホーム
  2. VERICUT製品概要
  3. アディティブ - 積層造形(オプション機能)

アディティブ

VERICUTのアディティブモジュールは、新しいハイブリッド複合加工機における付加加工と従来の機械加工(フライスまたは旋削)をシミュレーションします。

メリットと機能

  • レーザーの動作、出力、材料の供給、ガスの流れを確認
  • ハイブリッドマシンと付加部品間の衝突を検出
  • エラー、ボイド、誤配置された材料を特定
  • 材料堆積と機械機能の現実的な外観を視覚化
  • 5軸のフライス加工、旋盤加工、加法レーザー焼結をサポート
  • ハイブリッドマシンのGコードプログラムのシミュレーション
アディティブ フライヤー
ダウンロード
レーザーの動作確認

アディティブモジュールは、正確なレーザークラッディングと材料堆積のためのCNCマシンシミュレーションを提供します。VERICUTは、レーザーのパラメータを読み取り、レーザーの出力、キャリアガスの流れ、各ジョブ/材料の種類に固有の金属粉末を制御します。


衝突の検出

VERICUTは、加工機構造部と積層部の衝突を検出します。その衝突チェックは、積層部間、および高価なハイブリッド複合加工機の造形レーザーヘッドをカバーするように拡張されています。



クイックアクセス履歴

ドロップレット技術により、VERICUTのアディティブモデルは単なる「堆積材料」以上のものです。各ビードには、どのように堆積されたかに関する貴重な履歴情報が含まれています。これにより、ワンクリックで問題の原因が明らかになるため、エラー、ボイド、または配置ミスの材料を調査する時間を節約できます。


リアルな外観

アディティブモジュールは、材料堆積の優れたシミュレーションを提供し、切削材料と簡単に区別できます。そのため、AMを成功させるには、材料の各ビードが段階的に配置されている場所を明確に確認できることが重要です。


5軸加工

VERICUTの検証プロセスは、操作の複雑さに関わらず、すべての5軸フライス加工、旋削加工、およびアディティブ レーザー焼結プロセスのエラーを正確にチェックします。


ハイブリッドマシンのGコード

シミュレーションは、CNCマシンを駆動するために使用されるのと同じポストプロセス済みNCコードを利用して行われます。これにより、ユーザーは追加機能が適切な範囲内にあることを確認できます。VERICUTを使用すると、任意の順序で、材料積層から切削、といった切り替えを簡単に行うことができます。


アディティブ パートナー
 

VERICUTを使用した積層造形例

アディティブ V8.1



Mazak VC-500 AMハイブリッドマシンによる積層造形



HAAS VF3-HMTヘッドによる積層造形シミュレーション



BeAM Magic 2.0マシンのVERICUT アディティブシミュレーション



DMG Mori Lasertec 65 3Dハイブリッドマシンによる積層造形



3D Hybrid Solutionsのインペラーブレードの積層造形シミュレーション