オートディフ™ - 比較検査(オプション機能)

  1. ホーム
  2. VERICUT製品概要
  3. オートディフ™ - 比較検査(オプション機能)

オートディフ™

オートディフ™を使用すると、CADで設計したモデルをVERICUTシミュレーションと比較して、切削による誤差を自動的に検出できます。このモジュールを使用すると、製造プロセスに関与する誰もが、正しく加工されていない領域を特定できます。オートディフは、設計の弱点や間違いの可能性を検出するためにも使用されます。


オートディフを使用する理由

多くの場合、部品が設計されてから機械加工の準備ができるまで、その設計はさまざまな人、部門、会社、CAD/CAMシステムを渡ります。結局のところ、ツールパスが元の設計意図を正確に反映しているかどうかを判断することは困難です。オートディフを使用していない場合、確実に行う唯一の方法は、部品を切削して、最初の加工品の検査を実際に行うことです。

オートディフを使用してシミュレーションモデルと設計モデルを比較することにより、ツールパスが元の設計コンセプトを正確に表すことが保証されます。これにより、最初の生産価値のある部品を切削するのにかかる時間が短縮されます。

オートディフは、NCツールパスの準備にかかる時間も短縮します。プログラマーは、プログラミングの作業中に削り過ぎや削り残しをチェックします。次に、問題が特定され、機械加工の前に修正されます。


正確な比較

一般的なCAD/CAMシステムのソリッドモデルまたはサーフェスモデルを使用できます。設計モデルをシミュレーションされた(機械加工された)部品と比較して、削り過ぎと削り残した箇所を特定します。オートディフでは、切削モデルを別のVERICUTのシミュレーションモデルと比較することもできます。この機能は、荒削りや仕上げ削りなどのさまざまな操作を比較するのに役立ちます。


Sectioning
ルーペアイコン
オートディフによる比較


表面な比較

ソリッドモデルのサーフェス、サーフェスのセット、またはスキンは、シミュレーションされた部品と比較できます。表面はシミュレーションされた部品の上にオーバーレイされ、削り過ぎと削り残しの箇所が表示されます。非常に複雑なツールパスからの大量のデータをすばやく比較できます。設計モデルはソリッドである必要はなく、部品全体を含める必要もありません。


ポイント比較

ソリッドまたはサーフェスモデルデータが存在しない場合は、3Dポイントを使用できます。ポイントはシミュレーションされたパーツの上にオーバーレイされます。CMMまたは手動の方法による検査ポイントは、NCツールパスと比較され、エラーや許容範囲外の状態を正確に検出します。


削り過ぎのチェック

オートディフは、切削シミュレーション中に削り過ぎのチェックを実行します。削り過ぎをチェックする前にNCプログラム全体をシミュレーションする必要はありません。削り過ぎのチェックにより、VERICUTでは、問題が発生したときにすぐに特定して修正することができます。

以前の切削作業は、それ以降の加工から「保護」することができます。保護されたエリアから除去された材料はすべて強調表示され、エラーとして報告されます。設計モデル、荒削り、エラー、カットにはすべてユーザー定義の色が割り当てられており、削り過ぎ、衝突、削り残しをより簡単に識別できます。


オートディフレポート

オートディフは、エラーのタイプ、許容値、許容範囲外のすべてのツールパスレコード、エラーの場所、オートディフの結果の概要などの情報を含む包括的なエラーレポートを生成します。レポートは、プリンターに送信するか、テキストファイルとして保存できます。レポートとグラフィックスは、インタラクティブまたはバッチモードで生成できます。