マシンシミュレーション(オプション機能)

  1. ホーム
  2. VERICUT製品概要
  3. マシンシミュレーション(オプション機能)

マシンシミュレーション

VERICUTソフトウェアは、デジタルツインマシンで実際のNCデータをシミュレーションするため、より効率的で競争力があり、収益性が高くなります。機械の衝突は非常に高価で、機械を台無しにする可能性があり、製造スケジュール全体を遅らせる可能性があります。しかし、VERICUTを使用すると、エラーの可能性を劇的に減らし、機械で新しいプログラムを証明する貴重な生産時間を無駄にすることを回避できます。マシンシミュレーションは、スライド軸、ヘッド、タレット、回転テーブル、スピンドル、ツールチェンジャー、治具、ワークピース、切削工具、その他のユーザー定義オブジェクトなど、すべての工作機械コンポーネント間の衝突と干渉を検出します。コンポーネントの周りに「干渉ゾーン」を設定して、近接距離をチェックしたり、移動超過エラーを検出したりできます。

Sectioning
ルーペアイコン
材料の切断


VERICUTを使用すると、CNCマシン全体のリアルな3Dシミュレーションを、工場での動作と同じように実行でき、最も正確な衝突検出を利用できます。VERICUTマシンシミュレーションソフトウェアはGコードをサポートします。

  • フライス、ドリル、旋盤、研削、EDMマシンの多軸サポート
  • 異なるスピンドルとワークピースでの同時ミルターン
  • 複数の同期CNCコントロールを備えた機械
  • 補助アタッチメント:テールストック、振れ止め、パーツキャッチャー、バープラーなど
  • ピックオフまたはサブスピンドルへのワークピースの自動転送

優れた衝突チェック
VERICUTは、とても正確な衝突チェックを特徴としています。VERICUTは、パスに沿ってポイントをチェックするだけでなく、空間全体を見渡すことにより、移動パス全体に沿ってチェックします。小さすぎるとシミュレーションが遅くなり、大きすぎると衝突を見逃す可能性がある「ステップサイズ」の許容値を指定する必要はありません。


VERICUT CNCシミュレーションでは、次のことができます。

  • 従来の多軸(4、5軸以上)のCNCマシンをシミュレーション
  • CNCマシンの衝突と安全距離の問題を回避する補助
  • 新しいCNCマシンの実装にかかる時間を短縮
  • 新しいNCプログラムについてオペレーターに明確な指示を提供
  • プロセス効率を向上
  • 運用の安全性を向上
  • プレゼンテーションとドキュメントを強化
  • 生産時間を使用したり、衝突の危険を冒したりせずにプログラマーとオペレーターをトレーニング

CNC制御エミュレーションとGコードのサポート

VERICUTはCNC制御ロジックを正確にエミュレートします。工場内のさまざまなタイプの機械、各種コントローラ、プログラム、部品、機能を考慮して正確にシミュレーションできます。コントローラをカスタマイズする柔軟性が得られます。

プルダウンダイアログボックスを使用して、Gコードの文字と数字を論理的な「ワード/アドレス」形式で定義し、制御機能をシミュレーションするCGTechアクションマクロを呼び出すように構成します。

制御ロジックは、ワード/アドレスの解釈方法を変更できる条件チェック(ブロック内の他のコード、現在の変数値、マシンの状態など)もサポートします。


VERICUTには、次のようなメーカーのコントローラのライブラリが含まれています。

  • Heidenhain
  • Fanuc
  • Mazatrol
  • Bosch
  • NumeriPath
  • Yasnac
  • General Electric
  • Siemens
  • Fadal
  • Phillips
  • Allen-Bradley
  • Cincinnati Milacron
  • Okuma
Impeller
ルーペアイコン


今日のNC工作機械は複雑なNCプログラムを処理します。VERICUTは、NCプログラマーとNCシミュレーションおよび検証ソフトウェアのプロフェッショナルによって設計されました。

この理解と専門知識により、VERICUTは、多軸加工機、複雑なNCコード、高度なプログラミング技術を使用する場合に最適なツールです。

VERICUTマシン構成(VMC)のサンプルは、ソフトウェアに含まれています。これらはVERICUTで直接使用するか、正確なマシンのVMCを構成するための開始点として使用できます。STLおよびその他のCADモデル形式を使用して、機械部品を表すことも、VERICUTで直接モデル化することもできます。シンプルな「ツリー」機能により、部品を簡単に接続し、機械の「動き」を作成できます。


VERICUTは、次のような高度な制御機能をサポートするように設計されています。

  • 先読みまたは3Dカッター補正
  • 工具先端プログラミングと工具長補正
  • ゲージ長基準点プログラミング
  • 固定サイクルと治具オフセット
  • 回転軸の中心点
  • 変数、サブプログラム、マクロ
  • サブルーチン、ループ、分岐ロジック

VERICUTは、次のような最も複雑なアプリケーションもサポートしています。

  • 治具間の部品の自動転送
  • フェーシングヘッド(または「プログラム可能なボーリングバー」)
  • ミル/ターンマシニングセンターのマルチチャネルプログラミング/同期
  • IJK工具軸ベクトルを使用して工具軸のプログラミングを可能にするCNC制御
  • 旋盤主軸に対して対称でない旋削作業
  • Triceptヘッドなどのパラレルキネマティクスマシン
  • 多軸ウォータージェット切断操作
  • 歯車のホブ切りのための材料除去、およびツールスピンドルとパーツスピンドルの同期
  • 自動リベット(ファスナー)装置のプログラミングとシミュレーション

Sectioning
ルーペアイコン
VERICUTのビュー


Siemens 840d

			
%SPF8000
$P_UIFR[1] = CTRANS()
$P_UIFR[2] = CTRANS(X,22.5, Y,22.5, Z,145)
$P_UIFR[3] = CTRANS(X,45+22.5*COS(30), Y,22.5,
Z,145+22.5*SIN(-30)):CROT(Y,30):CROT(Z,45)
T1 M6
D1 S1559 F1000 M3G0 Z200
$P_IFRAME = CTRANS(X,22.5, Y,22.5, Z,145);
M98 PR101
G54
G0 Z250
B30
TRANS
G56
M98 PR101
			
			

FANUC 30i

			
O20001
WHILE[#2LE270.]DO1
G65 P102 B#2 H#102 S5500 C83 Z.45 F10.
G65 P103 B#2 H#102 S5500 C83 Z.45F10.
#2=#2+90.
END1
M98 P9000
G10 L2 P2 X23.45 Y3.334 Z0.1
N300 T#103 T#104 M6 (3/8 2FT EM)
#7=#103+200
#2=0
WHILE[#2LE270.]DO1
			
			

Heidenhain TNC530

			
0 BEGIN PGM NONAME MM
2 L B+0 C+0 F MAX
3 TOOL CALL 1 Z S4500
4 CYCL DEF 19.0 WORKING PLANE
5 CYCL DEF 19.1 A-90 B+0.0 C+180
6 L B+Q121 C+Q122 F MAX
7 L X+0.0 Y+20 Z+50 R0 F MAX M03
8 L Z+50 R0 F MAX
9 L Z+2 R0 F MAX
10 CYCL DEF 200 DRILLING ~
Q200=2 ;SET-UP CLEARANCE ~
Q201=-9.9 ;DEPTH ~
Q206=600 ;FEED RATE FOR PLNGNG ~
Q202=5 ;PLUNGING DEPTH ~
Q210=0 ;DWELL TIME AT TOP ~
Q203=+0 ;SURFACE COORDINATE ~
Q204=2 ;2ND SET-UP CLEARANCE ~
Q211=0 ;DWELL TIME AT DEPTH
11 L X+0.0 Y+20 R0 F MAX M99
12 L Z+50 R0 F MAX
13 CALL LBL 99
14 CALL LBL 54			
			
工作機械ショールームへ