グラインダー・ドレッサー(オプション機能)

  1. ホーム
  2. VERICUT製品概要
  3. グラインダー・ドレッサー(オプション機能)

グラインダー・ドレッサー

グラインダー・ドレッサーを使用してシミュレーション中に研削工具を再成形する

砥石は材料の研削により摩耗します。NC研削盤では砥石の真円度を確保し、切削形状を維持するためにドレッサーユニットを定期的に使用します。適切なドレッサーデバイスを使用すると、砥石の直径を変更したり、砥石に新しい断面プロファイルを作成したりできます。グラインダー・ドレッサーモジュールを使用すると、このプロセスをVERICUTで再現できます。

グラインダー・ドレッサーモジュールは、すべての製造業界に優れたGコードシミュレーションを提供します。グラインダー・ドレッサーで研削作業をシミュレーションすることにより、ユーザーは高価な部品や設備のすべての関連プロセスをチェックおよび検証できます。

グラインダー・ドレッサーモジュールは、連続研削、インプロセス研削、およびクリープフィード研削をサポートしています。これは、部品の加工時に砥石の直径が常に変化し、砥石を指定された鋭さの状態に保つことを意味します。

VERICUTの検証プロセスでは、機械加工作業がどれほど複雑であっても、すべての5軸フライス加工と旋削加工のエラーを正確にチェックします。



砥石のサイズが小さくなると、機械部品が加工部品に近づき、衝突のリスクが高くなります。VERICUTは、衝突の可能性がないか機械部品と機械加工される部品の間のクリアランスをチェックします。

グラインダー・ドレッサーモジュールのメリット

  1. 砥石の目立て作業確認
  2. 研削作業中の連続ドレッシング確認
  3. クーラントノズルの衝突防止
  4. 手入力NCプログラムのドレッシングサブルーチンをチェック
  5. ドレッシング後の「複雑な」砥石形状の測定と分析
  6. 砥石サイズの減少確認
Sectioning
ルーペアイコン
グラインダー・ドレッサー