アディティブ - 積層造形(オプション機能)

  1. ホーム
  2. VERICUT製品概要
  3. アディティブ - 積層造形(オプション機能)

Additive
ベリカットのアディティブモジュールは、新しいハイブリッド複合加工機における金属積層造形と切削加工(フライスまたは旋削)をシミュレーションします。
VERICUT 製品構成 アディティブ

レーザーの動作確認

ベリカットのアディティブモジュールは、指向性エネルギー堆積 (DED) 、レーザー焼結、3Dプリンターおよびパウダーベッド積層からの制作ファイル、ワイヤーとアーク放電によるアディティブ、 熱可塑性樹脂複合材アディティブ、溶接、そしてその他の積層プロセスによる材料積層をシミュレーションします。これらのアディティブプロセスは、「ニアネットシェイプ」工法のために使用されます。

アディティブ機能

アディティブツールには、シミュレーション中にレーザー、材料、キャリアガスの状態 (「レシピ」とも呼ばれます。) を検証するためのオプションを備えた「アディティブ機能」グループがあります。 チェックされたアディティブ機能が不適切に使用された場合、または予期された範囲外に設定された場合、エラーを出力します。

ドロップレット技術

リアルな外観: ベリカットで積層された材料は機械加工された材料と容易に区別できます。プログラマーは、仕上げを必要とする材料表面が機械加工されたことを明確に確認できます。

履歴: 各ビード (またはドロップレット) には、NCプログラマーがエラーの原因を素早く発見、材料層のボイド (気泡) 、積層部の問題がある切削、 そして配置ミスの材料がどのように積層されたのか、をワンクリックで知ることができる「ビルトイン」情報が格納されています。

5軸加工

ベリカットの検証プロセスは、操作の複雑さに関わらず、すべての5軸フライス加工、旋削加工、およびアディティブ レーザー焼結プロセスのエラーを正確にチェックします。

ハイブリッド マニュファクチャリング

ベリカットは、従来の「除去」加工 (フライス加工、ドリル加工、旋削加工など) と付加加工を任意の順序で組み合わせることができます。積層部のリアルな外観により、 NCプログラマーは必要とされる加工がすべて実行されたことを伝えることができます。

衝突の検出

ベリカットは、加工機構造部と積層部の衝突を検出します。その衝突チェックは、積層部間、および高価なハイブリッド複合加工機の造形レーザーヘッドをカバーするように拡張されています。

主な利点と特長

  • 積層⇒切削、切削⇒積層、順序は任意
  • 積層部に残存する「ボイド」の検出
  • レーザー積層パラメータの適切な設定と使用の確認
  • アディティブ/ハイブリッド加工機や装置の高額な衝突を防止
  • もっともリアルなアディティブ材料の堆積
  • 独創的はドロップレット技術により、プログラマーはワンクリックで問題箇所の原因を正確に、簡単に特定できます。

アディティブ パートナー