マルチアクシス - 多軸制御 (オプション機能)

  1. ホーム
  2. VERICUT製品概要
  3. マルチアクシス - 多軸制御 (オプション機能)

Multi Axis
加工品および機械操作が複雑になるにつれエラーの発生率も高くなります。

NCデータの精度、加工品の品質、およびオペレータの安全を成り行きに任せてはいけません。
VERICUT 製品構成 マルチアクシス

多軸加工のためのNCプログラミング自体も、 プロファイル、サーフェスの許容誤差に対しては一般的に非常に シビアです。そのため、正確なNCデータの検証が より重要になるのです。

マルチアクシス(多軸モジュール機能)では、以下のような切削の検証、およびシミュレートを実行します。

  • 多軸加工(4軸以上。軸数の上限はありません)
  • 複数の独立した切削ヘッド、またはアタッチメントの同期動作
    (例えば2系統4軸の旋盤/複合機械や複数ヘッドの工作機械等)
    ※VERICUT Ver6からは3系統以上も無制限に対応可能

Machine


総合3次元干渉チェックは、加工中の材料に対して行われます。

多軸加工 これにより、加工プロセス全体を確認したり、ワークと工作機械のエラーを同時にチェックしたりできます。

加工された部品とツールホルダー、ボーリングバー、ツールブロック、タレット、その他のコンポーネント間で発生するエラーが検出できます。

ベリカット切削モジュールは、ツールパスの動作と材料切削結果を交互に表示しながら次の種類のエラーを検出します。

  • 不正確で誤って解釈されたデータ
  • 不正確なプログラミング
  • ツールパスの不正動作
  • 早送り動作による接触
  • 治具、留め具との干渉
  • 工具のシャンク、ホルダーとの干渉
  • CAD/CAM とポストプロセッサのバグ

多軸でも高速・綺麗!

切削モデルのダイナミックな操作と継続切削

切削中いつでも切削モデルの描画をダイナミックに操作することができます。

回転、ズーム、移動をマウスを使用して自在に操作することができます。切削を停止せず、自動的に切削が継続されます。

切削の描画速度もまた、切削を止めずに調整することができます。