オプティパス® - 送り速度の最適化(オプション機能)

  1. ホーム
  2. VERICUT製品概要
  3. オプティパス® - 送り速度の最適化(オプション機能)

オプティパス®

知識ベースの加工

VERICUTは真の知識ベースの加工システムです。シミュレーションプロセスを通じて、各切削の正確な深さ、幅、角度を学習します。また、各切削セグメントによって除去される材料の量を正確に把握しています。その知識に基づいて、オプティパスは加工動作をより小さなセグメントに分割します。必要に応じて、各セグメントで除去された材料の量に基づいて、発生した各切削条件に最適な送り速度を割り当てます。次に、元のツールパスと同じですが、送り速度が改善された新しいツールパスを出力します。軌道は変更されません。


簡単なセットアップと使用

セットアップウィザードでは、部品を加工するときに切削工具設定を求めるプロンプトが表示されます。基本的に、切削工具に知性をプラスします。その切削工具のすべての設定は、最適化ライブラリに保存されます。一度設定を定義してしまえば、その切削工具を使用する時にはすぐに最適化を行えます!オプティパスは、セットアップが不要な最適化ライブラリを作成するための「学習モード」も備えています。オプティパスは、工具ごとに最大切削除去率と切りくず厚さを検出し、それらを使用して工具の最適化設定を決定します。


使い方...

切削工具の切削量(切削負荷)が増加すると、送り速度を抑えます。除去される材料が少なくなれば(切削負荷が減少すれば)、それに応じて送り速度を速くします。オプティパスは、各切削セグメントによって除去された材料の量に基づいて、改善された送り速度を自動的に計算し、必要に応じて挿入します。ツールパスを変更することなく、オプティパスは更新された送り速度を新しいNCプログラムに書き込みます。

Sectioning
ルーペアイコン
切削セグメントの分割


プログラマーが最適化に費やした4時間半は75,000ドルを節約しました。

Brian Carlson
Programming Manager
Aerospace Dynamics, International


オプティパスのメリットは?次のような項目をよく耳にしますか?
だとすれば、きっとオプティパスが役に立ちます。

  • ボリューム切削
  • 加工時間が長い
  • 大規模なNCプログラム
  • 中断の多い切削(複数の進入/退出)
  • さまざまな深さ/幅での切削
  • 高速加工
  • 薄肉加工
  • 繊細な工具と材料
  • 高価な工具と材料
  • 硬質材、軟質材
  • 古い機械
  • 複数の部品加工
  • 切削工具の早期摩耗/損傷
  • 「耳で」プログラムを最適化
  • フィード/速度のプログラムを作り直す…またはそうする時間がない
  • CAMシステムやプログラマーに必要な知識がない
  • 「常駐エキスパート」の退職/退社
  • 悪い表面仕上げ
  • 過度のベンチタイム
  • 切りくず薄化の問題
  • 切削工具のたわみの問題
  • コーナー部のチャタリング
  • 低速またはプログラムされた送り速度でのエアカット

+
オプティパス®はNCツールパスファイルを読み取り、加工動作を多数の小さなセグメントに分割します。必要に応じて、各セグメントで除去された材料の量に基づいて、発生した各切削条件に最適な送り速度を割り当てます。次に、元のツールパスと同じですが、送り速度が改善された新しいツールパスを出力します。軌道は変更されません。

いくつかの所定の加工条件に対して理想的な送り速度を入力します。オプティパスは、それらを工作機械の能力(出力、スピンドルタイプ、早送り速度、クーラントなど)の要素と自動的に組み合わせます。治具とクランプの剛性や各切削の各セグメントに最適な送り速度を決定するための切削工具タイプ(材料、設計、歯数、長さ)など。オプティパスは、ツールパスの性質に依存する次のような要因も考慮します。
• 切り込み
• 切削除去率
• 進入送り速度
• 切削幅
• 切削工具の摩耗
• 切削角度
+
高速加工が注目されています。しかし、本当の「高速」加工とは何でしょうか?単純に最大送り速度に設定し、切り込みの浅いパスを何度も取ることでしょうか?この方法は、少し切り込みを深くし、小数のパスを取るよりも効率が低いことがあります。 最短の切削時間を達成することは送り速度に関係しますが、必ずしも「最速の送り速度=最も効率的」というわけではありません。最短の時間で切削する高効率加工が本来の目的です。高効率加工を実現するための鍵は、切削条件により適切に送り速度を変化させることです。

小さな切り込み、小さなステップダウン、ステップオーバーにより最大送り速度で切削を行うと、実際には多くの場合、効率の悪いパスとなり、時間を短縮するという目標を達成することができません。より大きな切り込み深さ (この例では「500」対「100」) での切削が効率的です。しかし、切削工具は機械主軸を破損させたり、主軸動力を上回る過負荷状態に陥る場合があります。

この状況で自動最適化ソフトウェアが本領を発揮します。VERICUTは切削状況の各セグメントでの材料除去率を正確に把握しており、負荷が高すぎる場合は送り速度を低くします。これにより、切削工具の破損を防ぎ、工作機械が主軸動力の限界を超えないようにします。可能であれば、同じ高送り速度が維持されますが、1回のパスごとに100%だけステップダウンする場合よりも、 高い切削効率と時間短縮を実現することができます。